『ゴミ出しバカを撲滅したい。そんな僕が用意した二つの「抑止力」とは?』

室長をフォローする

室長をフォローしてみる

貼り紙をした月曜日は

ひどい雨と風でしたが、

翌日の火曜日は

朝には雨が上がり天気がよく、爽快でした。

で、散歩を終え家に帰ると

あれ?

や・・・破けとる・・・

月曜から火曜にかけての激しい風雨で

やられてしまったようです。

効果がない上に短命でした。合掌。

前回のブログでも「書き直します」と言いましたように

もともと書き直すつもりでしたので

早速筆をとりました。

僕のつたないPOPテクを総動員して

書き上げました。

まずは左側をご覧いただきたい。

コンセプトとしては

防犯カメラが見張ってるぞ!ってことを前面に打ち出し

② 守るべきルールを明確に示し

③ 最後にしれっと法律と警察の名をちらつかせる。

ここで重要なのは

二つの「抑止力」を働かせていること。

防犯カメラ警察

防犯カメラは実際にはないし

警察はこんな民事を取り合ってくれるかどうか疑わしい。

※ただしここにある[廃棄物の処理及び清掃に関する法律]というのは実在する。友人のアドバイスを参考にした。ありがとうsenさん。

でもそんなことは関係ないのだ。

ちらつかす。

あろうとなかろうとちらつかす。

どっかの国の核兵器のように

ちらつかすことによって、「バカ」がいい加減なゴミ出しをするのを躊躇させる。

それが狙いだ。

そして、右側に移ろう。

こちらにはゴミ出しの曜日と分別の一覧を示した。

というのも、

最近の日本人は自分の不勉強を

「知らない。知らされてない」

という言葉で誤魔化す風潮がある。

まるで相手が悪いかのような雰囲気すら持つ。

政治の話などの街角インタビューで

「こんな法律が施行されているのご存知でしたか?」

ときかれて

「え~、知りませんでした~」

とお約束のように答えるアレだ。

しかしそれは

「知らなかった。知らされなかった。」

のではなく、正確には

「知ろうとしなかった」

のだ。

同様に

「ちょっと!今日は燃えるゴミの日じゃないよ!」

と言ったときに

「そんなん、知らねーし」

と言われて逃げられる可能性がある。

逃げられては泣き寝入りだ。

だからそれを言わせないための右側なのだ。

先(せん)を制する

剣道の言葉で

相手より先に動いて主導権を握り相手の動きを封じ込める

といった意味合いなのだが

まさに、この右側がそれだ。

知らないとは言わせないぞっ!

そんな気概の表れだ。

使ったボードはプラダンといわれるもので

雨に濡れても大丈夫。

このサイズでホームセンターで250円くらいだった。

あと、四隅とその中央の全6ヵ所に

「はとめ」という金具の輪っかをいれた。

風でちぎれないようにするためだ。

これもそんなに高くない。

そして

防犯カメラと警察は・・・

ブライスレス。

これで効果がでれば

大成功といえるだろう。

いったいどうなるか?

今後の続報をお待ちいただきたい。


リンク

《Webサイト》

【理容フルサワ ~a livingroom~ Web Site】
理容フルサワの全てがここに。《ヘッドスパ・顔剃り》で心を癒す、「寝落とし理容師」こと室長ブログが熱い!

京急鶴見市場から徒歩2分。癒しメニュー充実のセパレート型理容室。働く男の息抜き処。お疲れ女子の癒しスポット。

【女性お顔剃りエステ「livingroom」専用Web Site】
大好評の半個室型女性お顔剃りエステ。空き状況やお休みやメニューのご確認はこちらで。

**************************************

【LINE@ 公式アカウント】
LINEで予約ができます(当日予約は☎で)。お問い合わせ、ご相談もこちらから。休業日や営業時間の変更のお知らせを「だいふく営業部長」が配信。

友だち追加

**************************************

《Facebook》

【室長 古澤達也 on facebook】
お客様の友人申請100%承諾(スパム以外)

フォローはこちらから

【副長 古澤友美 on facebook】

**************************************

【副長・she美st(シェービスト)~とも~ ブログ】
他は認めるが自は認めない、本物の『天然』がそこに。「副長とも」がお送りする誤字脱字が多めのブログ。

**************************************

【室長タツのtwitter】
お客様を寝落ちさせることに魂を燃やす理容師、それが室長タツ。カレーに目がない室長タツ。フォローはお気軽に。

スポンサーリンク

シェアする

室長をフォローしてみる

スポンサーリンク