『ご自宅でのお子様のカット。嫌がってお困りでは?やってはいけないこと、やってみてほしいこと。』

Blog

 

こんにちは。横浜市鶴見区でキッズカットに勤しむ理容師、フルサワです。

 

自宅で小さなお子様のカットするときの最大の問題は

嫌がって暴れてしまうこと。

 

とくに男の子はじっとしているのを嫌う場合があり

その傾向が強いです。

 

女の子は「女子」としての本能なんでしょうか。

カットを嫌がる子はあまりいないように感じます。

小さくても

「きれいになる」「かわいくなる」

ことに対しての欲求があるんでしょうね。

 

おそるべし、女子・・・

 

 

↑二女もパックしてます・・・

 

で、ご自宅でカットされている親御さんに質問です。

カットの際に逃げてしまったり、暴れてしまったりする子を押さえつけてカットしてしまっていませんか?

 

刃物を使う以上危ないし、動いてしまうと狙ったところが切れないしで、気持ちはわかるのですが・・・

カットの際に抑えつけてしまうとお子様は髪をカットされることが嫌いになってしまいます。つまり、

 

カットする=怒られる、嫌なことをされる

 

という図式がお子様の中に出来上がってしまうんです。

そして困り果ててお店に連れてきても、本人の中でその図式がすでにできあがってしまっていると、お店でも切らせてくれないことが多いです。

 

とはいえハサミやバリカンを使うのであれば、じっとしててくれなきゃできませんよね。

 

 

ではどうすればいいの?

①まずは注意を逸らしてみる

 

好きなDVDやテレビをみせる。

携帯やタブレットでもいいかもしれません。

またはブロックやパズルなどもいいでしょう。

 

とにかく髪を切られていることよりも、興味をひくようなことを与えてみましょう。

意外とじっとしていてくれるかもしれません。

 

これがうまくいけば

カットされる=楽しいことがある

という図式になるため

いいサイクルになっていきます。

 

②環境を変えてみる

お風呂のような閉鎖的な場所で切るよりは、お庭やベランダなど外に出ると落ち着く子は意外といます。

無理に座らせず、洋服も毛がつくと後が面倒なので裸やパンツ一枚でもよいです。シャワーで流せば済むことなので。

子供にストレスがかからないような環境で。時間はかかりますが何かに興味を示してジッとした隙を狙って切ってみましょう。

 

↑二女、親指の付け根を絶賛骨折中なことが昨日発覚。どーすんだ、今年の夏。

それでもダメな時は

どうぞお近くの理美容店へ 笑

キッズ対策を講じている店は色々あります。

僕の場合であれば、電車やDVDを見ながらカットしますし、親御さんに抱っこしてもらいながらのカットもします。

あ、親子割引もありますよ。

どうしても暴れてしまうお子様はカットできない場合もありますが、これもまた「環境を変える」ことの1つとして試してみてはいかがでしょうか。

最初は泣いてもあきらめず何度が来ているうちに大好きになっていった事例はたくさん経験してきましたので、パパさんママさんもあきらめず辛抱強くいきましょう。サポートさせていただきます。

 


 

リンク

【LINE@ 公式アカウント】
現役理容師と繋がるLINEアカウント。予約もできます(当日予約は☎で)。お悩み・ご相談、フォローします。

休業日や営業時間の変更のお知らせを「だいふく営業部長」が配信。

友だち追加

**************************************

【女性お顔剃りエステ「livingroom」専用Web Site】
大好評の半個室型女性お顔剃りエステ。空き状況やお休みやメニューのご確認はこちらで。

~LIVINGROOM~ 【うぶ毛そり エステ ヘッドスパ】
鶴見区・川崎区・京急鶴見市場から徒歩2分・八丁畷から徒歩5分で駅近。床屋の中の小さな空間。女性理容師が対応。

**************************************

《Facebook》

【室長 古澤達也 on facebook】
お客様の友人申請100%承諾(スパム以外)

フォローはこちらから

**************************************

《Instagram》

『眉カットと犬(だいふく営業部長)のインスタ』はこちら。

Tatsu / Tomo Furusawa (@bb_furusawa) • Instagram photos and videos
294 Followers, 321 Following, 313 Posts - See Instagram photos and videos from Tatsu / Tomo Furusawa (@bb_furusawa)

**************************************

【室長タツのtwitter】
お客様を寝落ちさせることに魂を燃やす理容師、それが室長タツ。カレーに目がない室長タツ。フォローはお気軽に。

古澤達也【理容室 鶴見市場 八丁畷】(@bb_furusawa)さん | Twitter
古澤達也【理容室 鶴見市場 八丁畷】 (@bb_furusawa)さんの最新ツイート 理容フルサワ-LIVINGROOM-室長。【心地よい顔そりの追究】の一点突破。ストレスフルな日々にシェービングで癒しのひとときを。オンラインサロン『Barber-Bar』主宰。 横浜市鶴見区市場上町2-33

投稿者プロフィール

古澤 達也
古澤 達也理容師
昭和33年創業「古澤理容館」の三代目として、現在は、癒しメニュー特化型理容室「理容フルサワ~LIVINGROOM~ 」室長。1973年生まれ、出身・在住ともに横浜市鶴見区。全理連ヘアーカウンセラー。2010年横浜市優秀技能者賞受賞。

理容師の為のオンラインサロン『Barber-Bar』主宰。

「心地良い顔そりの追求」をテーマに、顔そりやマッサージを重視する理容スタイルで、ストレス社会に生きる現代人の疲れや肌荒れと向き合っている。独自の顔そり術でお客様を眠りに誘うことが、この仕事をする上での最大のやりがい。

活動理念は「皆様の日常に笑顔が増えるお手伝いをする」。

講習依頼、友人申請、フォローはお気軽にどうぞ。