『急には「父親」になれないよ』

室長をフォローする

室長をフォローしてみる

赤ちゃんの頃からお父さんに連れられ

うちに来てくれていて

今、妊娠7か月の奥さんを持つお客さんYさん。

出産前後の1か月、

奥さんは実家に戻るらしいのだが

その後自宅に帰ってくるとき

「僕はどんな心構えでいたらいいですか?」

と聞かれた。

まず思ったことは

「すげーな・・・真面目か」

でした 笑

う~ん、俺そんなこと考えてたかな~

出産にも立ち会い

涙も流しましたが

同時に

「へ~、これが俺の子なのか~」とか

「なんか猿っぽいな~」とか

そんなことを他人事のように

考えてる自分もいました。

つまり、僕に関して言えば

「急には『父親』になれなかった」

ってこと。

出産までの10か月間、

お腹の中で赤ちゃんと

共に過ごした母親と違い

男性は出産後急に父親になるわけで。

そこは決定的な違いだと思います。

だから・・・・

そんなに焦らないで

だんだん父親になっていけばいいんじゃない?

と思います。

実は、

僕は0歳の時に両親が離婚したため

父の記憶が全くなく、

妻は3歳の時にお母さんが亡くなったため

母親の記憶がないそうで。

つまりお互いともに目標や基準となるはずの

「同性の親」がいない夫婦なんです。

そんな中でしてきた子育ては

最初は不安で

探り探りであったり

自信をなくしたり

の連続でしたが

完璧には程遠くても

まあどうにかなるもんです 笑

だから今からそんなことを考えてるYさんなら

絶対大丈夫。

うち、上の子が4月から中学生になります。

今思うのは

子供が大きくなるのは

あっという間だなということ。

ただでさえあっという間なのに

生まれてくる子は

うちと同じく女の子だそうなので

お父さんに寄り付かなくなるのは

もっとあっという間です。涙

施術中の会話の中では

全てを伝えられなかったので・・・・

「だからとにかく楽しんでほしいな。」

そう伝えたいです。

本当にあっという間なんだから。

ねぇ、Yさん、いや、

よっちゃん、読んでる?笑

そういうことだと思うよ。

てかさ・・・・・

生まれるまでにまた髪切りに来るよね?笑

だから、話の続きはその時に。

それまでにもう少し考えを纏めときます。

とにもかくにも今は奥さんを大事にね。

おめでとう。

あ~あの頃はかわいかったな~

てことになりそうな一枚↓

ではまた~

スポンサーリンク

シェアする

室長をフォローしてみる

スポンサーリンク