『【現役理容師がレポート】ボディクレイさんの新シャンプーを試してみた!』

Blog

こんにちは。鶴見区は鶴見市場で理容師をやってます。理容フルサワ~a livingroom~室長、古澤達也です。

 

 

今日は皆さんに新しいシャンプーをご紹介します。

銀の袋に包装されたこちらの商品・・・

ん?

 

はい?

 

あ、犬のですよ。w


ボディクレイ わんこのシャンプー

 

副長がエステで一部使用している

「ボディクレイ」という

「粘土」に特化した化粧品メーカーさんから

犬用のシャンプーを出したということで

サンプルを頂いたので、

早速昨日の旅行で泥だらけの

うちの「だいふく営業部長」に

使ってみたいと思います。


成分

ボヤけて見にくくてすみません。

石鹸系のシャンプーのようですね。

 

石鹸は生分解するので環境にやさしい成分です。

反面、脱脂力が比較的強いのと

仕上がりが多少ゴワつくのがデメリットです。

入ってる成分全てに役割が書いてあるのは

好感を持てますね。

使う人に安心感を与えられて良いと思います。

人間用のもこうすればいいのに。

 

何にせよ使ってみなければわかりません。

成分で判断するのは化学者の仕事。

僕らは使用感や仕上がりで判断すべきです。

 

 

さて、入浴です。

「おーい、ふくーーー」

呼んでもこの顔 笑

うっせーなぁみたいな顔。

 

絶対来ません。

そう、だいふくは大の水嫌いなんです。

 

なので、抱えて風呂場に強制連行。

シャンプー剤はこんな感じです。

 

石鹸の雰囲気がわりと残ってます。

 

ユーカリの香りとのことですが

それほど強い香りではないですね。

 

しっかり濡らします。

この時点ですでにガクブルに震えてます。

泡立ちは思ったほどモコモコしません。

 

これは悪いことではなく

洗浄力が強すぎるシャンプーほど

モコモコに泡がたつ傾向があります。

うちの営業部長は肌が弱いので

強いシャンプー剤はだめなんです。

このくらいの泡立ちなら

程よい洗浄力が期待できます。

天然の汚れ吸着成分や保湿成分が

色々配合されているのもいいですね。

 

 

仕上げにクッションコームも使って

洗い残しのないように。

 

 

ぬるめの湯船に入れて流します。

流したお湯がだいぶ汚れてますね。

那須の汚れが落ちました。

 

 

顔は石鹸をつけると

流すときに耳に水が入りそうな気がするので

僕はいつもお湯だけで手洗いしてます。

 

浴槽から出してもう一度よーく流して終了です。

そういえば、

犬を洗ったときの独特のニオイって

あると思うのですが、

だいふくからも浴室からも

いつもよりニオイが少ない気がします。

 

このへんはちょっとびっくりする位にいいです

 

粘土、おそるべし。

 

 

きれいになりましたー。

 

心配だった石鹸によるゴワツキもそれほどないですね。

丸まった毛のワンちゃんだとどうなるかは気になるところです。

 

まとめると

こんな人におすすめです

・環境にやさしいシャンプーを使いたい方

・汚れをしっかり落としたい方

・成分に何を使ってるかを把握しておきたい方

・洗った後のニオイの気になる方

  ↑これはけっこうスゴイです

 

こんなところでしょうか?

 

提案するとしたら、値段があがるとは思いますが、アミノ酸系の粘土シャンプーもラインナップして選べるようにするといいかもしれません。

 

 

ボディクレイ わんこのシャンプー

240g  1620円。

お電話、店頭、LINE@でお取り置きできます。

TEL 09081790092

友だち追加

 

こちらのメーカーさんは

良質なのに手頃な価格で

オススメの化粧品メーカーさんですよ。

その他の製品は、ボディクレイHP

http://www.bodyclay.info/product.html

で見ることができます。

 

投稿者プロフィール

古澤 達也
古澤 達也理容師
昭和33年創業「古澤理容館」の三代目として、現在は、癒しメニュー特化型理容室「理容フルサワ~LIVINGROOM~ 」室長。1973年生まれ、出身・在住ともに横浜市鶴見区。全理連ヘアーカウンセラー。2010年横浜市優秀技能者賞受賞。

理容師の為のオンラインサロン『Barber-Bar』主宰。

「心地良い顔そりの追求」をテーマに、顔そりやマッサージを重視する理容スタイルで、ストレス社会に生きる現代人の疲れや肌荒れと向き合っている。独自の顔そり術でお客様を眠りに誘うことが、この仕事をする上での最大のやりがい。

活動理念は「皆様の日常に笑顔が増えるお手伝いをする」。

講習依頼、友人申請、フォローはお気軽にどうぞ。