『友達とお客様の距離感は僕にとっては同じようなもの』

こんな記事が人気です

先日お客様との会話のなかでお客さまから言われたふとした言葉が、僕のなかで妙にひっかかっていて、その言葉を自分なりに消化するのに時間がかかっていたんです。

「この仕事は″人間好き″じゃないといけないから大変だよね~」

という言葉。

こちらのお客様は昔ホテルマンをされていた方なので、このような言葉をかけてくれたのだと思うが、

「果たして僕は″人間好き″だろうか?」

それが頭にずっとひっかかっていて。

よほど親しい人でもないと飲み会なんて行かないし。

「あいつ嫌いだ!」とか言っちゃうほうだと思うし。

この言葉を消化するのにすごく時間がかかっていた。

なんだかもやもやしたままでいたのだが

きのう営業中にふいにストンと府に落ちた。

「お客さんを友達と思って接すればいいんだ」

出てきた答えはすごく単純なことだった。

異論がある人もいるだろう。

お客様と友達は違うよ、と。

でも僕のなかでは

お客さんと自分

友達と自分

それぞれの距離感にあまり変わりはないのだ。

ならば同じように接すればいいのではないか。

変に距離を置く必要はない。

変に丁寧に失礼のないように接しようとするのではなく

自分らしく

ただ喜んでもらえるように

接していけばいい。

そう思えた。

巡りめぐってすごくシンプルなところに落ち着いた。

こういうのは自分の軸となるものだと思うから大事にしていきたいと思っている。


リンク

《Webサイト》

【理容フルサワ ~a livingroom~ Web Site】
理容フルサワの全てがここに。室長ブログが熱い!

【女性お顔剃りエステ「livingroom」専用Web Site】
大好評の半個室型女性お顔剃りエステ。空き状況やお休みやメニューのご確認はこちらで。

**************************************

【LINE@ 公式アカウント】
LINEで予約ができます(当日予約は☎で)。休業日や営業時間の変更のお知らせを「だいふく営業部長」が配信。

友だち追加

**************************************

《Facebook》

【室長 古澤達也 on facebook】
お客様の友人申請100%承諾(スパム以外)

フォローはこちらから

【副長 古澤友美 on facebook】

**************************************

【副長・she美st(シェービスト)~とも~ ブログ】
他は認めるが自は認めない、本物の『天然』がそこに。「副長とも」がお送りする誤字脱字が多めのブログ。

**************************************

【室長タツのtwitter】
お客様を寝落ちさせることに魂を燃やす理容師、それが室長タツ。カレーに目がない室長タツ。フォローはお気軽に。

投稿者プロフィール

古澤 達也
古澤 達也理容師
セパレート型理容室「理容フルサワ~a livingroom~ 」3代目室長。1973年生まれ、出身・在住ともに横浜市鶴見区。
全理連ヘアーカウンセラー。
2010年横浜市優秀技能者賞受賞。
ヘッドスパ、マッサージ、顔剃りエステなどのヒーリングメニューを重視する理容スタイルで、お客様を日々寝落ちに誘うことが仕事する上での喜びとなってます。
活動理念は「目の前の人を笑顔にする」。
友人申請、フォローはお気軽にどうぞ。
LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

もし気に入りましたらシェアしていただけると明日への意欲に繋がります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただきますと更新を見逃しません

スポンサーリンク