『半導体不足が直撃』

Blog
この記事は約3分で読めます。

これ我が家の自宅のキッチン用の給湯器。

最近リモコンがエラー表示をするようになり

給湯器の電源が落ちるようになってしまった。

 

表示されるのは「100」というエラー番号。

 

これ調べたら

給湯器リモコンのメーカー別エラーコード一覧【交換できるくん】
給湯器のリモコンに表示されるエラーコードをメーカー別に検索できるページです。リンナイ、ノーリツ、パーパス、パロマのエラーコードを掲載しておりますので表示された場合は不具合の原因をご確認ください。

感震装置の故障とのこと。

 

もちろん我が家がグラグラ揺れているわけではないので

装置自体の故障か

水漏れなどで基盤が濡れたか

ということになりそう。

 

電源を入れなおせば復旧してお湯も出るんだけど、

またしばらくするとエラーが出て消えてしまう。

 

これから冬だからこれでは困るし

年数もだいぶ経ってるので

業者さんに連絡して交換を依頼し、見積もり出すのに来てくれた。

 

で、まあ、僕も知ってはいたんだけど

「今、給湯器が全然入ってこなくて、納期がいつかもわからないんです・・・」

と申し訳なさそうな業者さん。

 

「たぶん2月から3月頃になるかと・・・それすらもわからないんですが・・・」

 

 

ほえ~

冬、終わってまうやん……

 

これ、自宅用のキッチンしか使わないやつだからまだ

「まぁ我慢すれば…」みたいな話で済むけど

 

もし、店のが壊れたらどうします???

家のお風呂用のが壊れたらどうします???

 

恐怖しかないですよね・・・

 

納期2月ですとか言ってられないでしょ。

 

うちのもだいぶ年数経ってるからちょっと心配だなぁと。

かといって壊れてもないのにストック抱えるのもねぇ。

 

今回良心的な業者さんで、

「他で見つかればキャンセルしてくれてもいいですよ」

とのことだったのでもうちょっと当たってみようかなぁ。

 

いやぁ、困った。

 

余談だけど、こんなめっちゃ工事しにくいところに給湯器付けたハウスメーカー。メンテしにくる業者さん大苦戦ですよ。他人への愛がない。こういう仕事の仕方、大嫌いです。

 

まさにこれが直撃したのね、、、

Yahoo!ニュース
Yahoo!ニュースは、新聞・通信社が配信するニュースのほか、映像、雑誌や個人の書き手が執筆する記事など多種多様なニュースを掲載しています。

 

皆さんもお気を付けを。

 


 

友だち追加

ご予約・ご注文・ご相談はLINEから。登録済みの方はクリックで個別のトークルームに飛べます。

ご登録済みの方はこの画像または上のバナーをクリックで予約用トークルームが開きます。

登録すると自動メッセージが届き、トークルームが作られます。ご予約・ご注文などの際はそこから通常のLINEと同様にご連絡いただければ、1対1のトークになり、他のお客様が見ることもありません。
また、登録しただけですとどなたが登録されてるかはこちらにはわからないのでご安心下さい。

 

理容フルサワ~LIVINGROOM~ 

横浜市鶴見区市場上町2-33

(京急鶴見市場駅より徒歩2分)

予約TEL  090-8179-0092
(スマホの方はクリックで電話できます)

 

予約状況の確認はこちらをどうぞ。

◎メンズ・キッズ カット

営業・予約状況
横浜市鶴見区鶴見市場の理容室、理容フルサワのメンズカット・シェービング・オプションの予約状況と営業時間のご案内です。乾燥肌に特化したシェービングと癒しのヘッドスパが特徴です。

お顔そり
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000533853/

 

↓↓twitterの世界で楽しく生きてます。宜しければフォローお願いします。通常フォロバします。Twitterリンク

投稿者プロフィール

古澤 達也
古澤 達也理容師
昭和33年創業「古澤理容館」の三代目、現在は、癒しメニュー特化型理容室「理容フルサワ~LIVINGROOM~ 」室長。1973年生まれ、出身・在住ともに横浜市鶴見区。全理連ヘアーカウンセラー。2010年横浜市優秀技能者賞受賞。

理容師の為のオンラインサロン『Barber-Bar』主宰。

顔そりやヘッドスパなどの「癒し」に特化したサロンコンセプトのもと、ストレス社会に生きる現代人の疲れや肌荒れと向き合っている。特にメンズ向けのシェービングは「顔そりという名のエステ」として圧倒的な心地良さをもたらし、その独自の顔そり術は評判を呼び遠方からの来客も多い。

活動理念は「顧客様の日常に笑顔が増えるお手伝いをする」。顔剃りとヘッドスパでお客様を眠りに誘うことがやりがい。

ブログは15年以上続けており、ライフワークとなっている。