『男の子のここぞの時のセットの仕方、教えます。【そうまクン編】』

こんな記事が人気です

こんにちは。鶴見区は鶴見市場でキッズカットに勤しむ理容師、フルサワです。

いつもは寝癖全開の男の子にも

七五三やお出かけの時など

ビシッと決めたい時があると思います。

その時に特に大事になるのが

トップの立ち上げ。

最近の髪型はトップに高さを出して

形を作るヘアスタイルが多いので、

ここの部分がスタイリングの要になる場合が多いです。

例えば

このお子さま。そうまクン。

基本的には毛流れに沿って流せばよいのですが

トップを立たせてあげることで

より今っぽさが出ます。

そのHOW-TOを今日はお話ししますね。

どうやって立たすの?

ワックスなどの整髪料の力を使って立たせてしまっても良いのですが、ドライヤーで根起こしをするとその後の「持ち」が違ってきます。

1.立たせたい部分をつかんで、根元に熱を入れる

全体をある程度まで乾かしたら、立たせたい部分を起こすように握ります。そして根元の部分にドライヤーの熱をサッと入れます。

2.そのまま数秒キープ

ここが大事なところです。熱を当ててすぐに手を離してしまうと、もとに戻ってしまいます。すぐに手を離さずそのまま数秒で構いませんのでその位置をキープしてください。

なぜなら、髪は熱を入れたときではなく、入れた熱が冷える時に固まるからです。

ですので熱を入れてすぐ手を離してしまうともとの位置に戻ってしまうのです。

3.同じ要領でトップ周辺を立たせましょう

同じやり方でトップからつむじの後ろ辺りまで立たせていきましょう。

4.ここでようやくワックス投入

手のひらによーく伸ばして全体につけましょう。部分的につけるとついてる部分とついてない部分で質感が異なってしまうのでつけるときは全体につけます。

すでに髪は立たせてあるのでたくさんつける必要はありません。整髪料が少なく済めば、シャンプーの際に汚れが落としやすくなりますし、コストも安く済みますよね。

5.形を整える

ハチ(頭の外周。トップとサイドの繋ぎ目辺り)の辺りは、抑え目に流し、トップは程よい高さに。トップは、「少し抑える位でちょうどいい」という状態まで「2」の段階できちんと立たせてあると、寝てる毛を整髪料で起こした髪より、持ちが断然よくなります。

やってみてもできないときは・・・

要領さえ掴めば難しくはないのですが、もしかしたらうまくできない方もいるかもしれません。

そんな時は遠慮なくご来店下さい。僕がカットしたお客様であればお教えします。

もしくは、LINE@でご質問くださればフォローいたします。他にも、お悩みやお問い合わせなど、理容フルサワのLINE@をどうぞ有効にご活用ください。

登録がお済みでない方、下記に登録用のリンクを貼っておきますね。登録お待ちしています。

そうまクンのママへ

こちらの画像をプレゼントいたします。どうぞご自由に使ってください。今回はご協力いただきありがとうございました。

ではまた~。


リンク

【LINE@ 公式アカウント】

LINEで予約ができます(当日予約は☎で)。お問い合わせ、ご相談もこちらから。休業日や営業時間の変更のお知らせを「だいふく営業部長」が配信。

友だち追加

**************************************

【女性お顔剃りエステ「livingroom」専用Web Site】

大好評の半個室型女性お顔剃りエステ。空き状況やお休みやメニューのご確認はこちらで。

**************************************

《Facebook》

【室長 古澤達也 on facebook】

お客様の友人申請100%承諾(スパム以外)

フォローはこちらから

**************************************

《Instagram》

『眉カットと犬(だいふく営業部長)のインスタ』はこちら。

**************************************

【室長タツのtwitter】

お客様を寝落ちさせることに魂を燃やす理容師、それが室長タツ。カレーに目がない室長タツ。フォローはお気軽に。

投稿者プロフィール

古澤 達也
古澤 達也理容師

セパレート型理容室「理容フルサワ~a livingroom~ 」3代目室長。1973年生まれ、出身・在住ともに横浜市鶴見区。
全理連ヘアーカウンセラー。
2010年横浜市優秀技能者賞受賞。
ヘッドスパ、マッサージ、顔剃りエステなどのヒーリングメニューを重視する理容スタイルで、お客様を日々寝落ちに誘うことが仕事する上での喜びとなってます。
活動理念は「目の前の人を笑顔にする」。
友人申請、フォローはお気軽にどうぞ。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

もし気に入りましたらシェアしていただけると明日への意欲に繋がります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただきますと更新を見逃しません

スポンサーリンク