『理容師必見。顔そりをワンランク上げるアイテムを紹介するよ!』

works

 

 

 

こんにちは。寒い日が続いてますね。

 

僕もすっかり雪まみれで、寒さに震えております。

 

お客様も一緒です。

 

寒い中来店してくださる。

 

ならば少しでも温めてあげたい。

 

心も体もホッコリさせてあげたい。

 

モッコリじゃなく、ホッコリさせたい。

 

そう思うのは僕だけではないはずです。

 

そんな気持ちを持ちつつAmazonの密林をかき分けていたら、こんなホッコリアイテムを見つけたので、今日は皆さんにご紹介します。

 

先に言いますが、これを使うとあなたのお店のお顔そりがワンランク上がります。

 

いや、すでに上がってたら現状維持です、ごめんなさい。

 

顔そりをワンランクあげるアイテム

これです。

 

湯たんぽです。

 

これをどこに使うか。

 

ここに使います。

 

これであなたの顔そりはワンランクアップです。

 

では詳しくお話ししよう

まずはこちらの湯たんぽ。

 

サイズとしては500mlのペットボトル位の大きさ。

 

ニットのようなカバーもついてるので、女子の外出時にも喜ばれそうなデザインなのだ。

 

湯たんぽなので、中にお湯を入れて使うのだが、「こんなものを首に入れて熱くないの?こぼれてしまわないの?」という心配もあるだろう。

 

ノープロブレム!!

 

ドンウォーリーマイベイベ!!

 

そう僕は答えよう。

 

手順

温度が大事

まずは準備として、温かい湯たんぽを作る必要がある。

 

実は僕は今までも首をあたためるというのはやってたんです。

 

蒸しタオルを首の下に入れるというやり方で。

 

しかしこれだと、シンクでタオルを絞り、適温になるまで蒸しタオルを冷まし、お客様が濡れないようビニール袋に入れるというステップが必要で、同時に顔の蒸しタオルも作るので結構手間だったんです。

 

しかしこの湯たんぽであれば、作るときはぬるま湯を入れればよいのですぐ作れる。そして一度作れば、あとはスチーマーの上にタオルを巻いて置いておくだけでほどほどの温度がキープされます。

熱くする必要はなく、ジンワリと熱が首に伝わる程度でよい。

 

これをタオルに挟み、

椅子を寝かせた時にできる首の下の隙間に入れる。

そう。とても簡単なのだ。

 

通常サイズの湯たんぽだと枕のように頭全体が乗ってしまい、頭がグラグラ揺れてしまう。なのであくまでもこのサイズの湯たんぽであることが大事。

充電式のアイピローでもいいかもしれないです。ちょっと隙間を埋める厚さが足らないかもですけど。

 

お湯、こぼれないの?

実はこの湯たんぽ、お湯の出入口がスクリューとパッキンになっていて、お湯がこぼれることはない。

ほら!すごくないすか!?

 

なので水漏れの心配はありません。

 

さらにこんな使い方も

 

あと、これ、さっきふと思い付いたのですが、、、

 

夏場は逆に氷水を入れると首元冷やせます。

 

つまり

 

夏も冬も使える

 

ということになります。

 

 

もしもこれを見て、うちもやってみようかな!!!

 

と思った方にお願いです。

 

お買い上げの際はこちらのバナー経由で買ってくれると、アイデア料として僕に小銭がチャリンと入ります w

湯たんぽ「Nukuton」白

湯たんぽ「Nukuton」ピンク

理容フルサワ~a livingroom~ 

横浜市鶴見区市場上町2-33

(京急鶴見市場駅より徒歩2分)

予約TEL  090-8179-0092
(スマホの方はクリックで電話できます)

または

友だち追加

こちらからもご予約できます。

ご相談・ご質問もご遠慮なく。

 

予約状況の確認はこちらをどうぞ。

◎メンズ・キッズ

営業・予約状況
鶴見市場駅から徒歩2分、八丁畷駅から徒歩5分の駅近理容室。 働く男の息抜き処、お疲れ女性の癒しスペース。 メンズ髭そり、女性お顔そり、ヘッドスパ重視の癒し系ヘアサロン、 理容フルサワ〜LIVINGROOM〜webroomへご来訪ありが...

❀メンズ/女性お顔剃りエステ

https://tokoyatomo.wordpress.com

 

投稿者プロフィール

古澤 達也
古澤 達也理容師
セパレート型理容室「理容フルサワ~a livingroom~ 」3代目室長。1973年生まれ、出身・在住ともに横浜市鶴見区。
全理連ヘアーカウンセラー。
2010年横浜市優秀技能者賞受賞。
ヘッドスパ、マッサージ、顔剃りエステなどのヒーリングメニューを重視する理容スタイルで、お客様を日々寝落ちに誘うことが仕事する上での喜びとなってます。
活動理念は「目の前の人を笑顔にする」。
友人申請、フォローはお気軽にどうぞ。