『理容師の皆さん。「メンズエステ」と表記すると検索厳しいですよ。』

こんな記事が人気です

僕は理容室におけるメンズエステってまだまだ可能性がある未開拓の分野だと思ってます。

僕の店でも着実に増えてますし、もっと力を入れればそれなりの反応が返ってきそうな感触もあります。

で、メンズの顔剃りエステをもっと広めていきたいと思う理容師さんは多いと思うのですが、

そこにはある問題が存在するのをご存じでしょうか?

検索の問題です。

普通、お客様がメンズエステをしようと思って

検索をかけるとしたら

「地域名 + メンズエステ」

で検索しますよね。

たとえば僕の店の地域で「鶴見 メンズエステ」と調べたとします。

するとトップページは・・・

ちょっと方向性の違うエステで占拠されてます w

「猿」って、なんか激しそうwww


まあこのようなジャンルのサイトが上位を占めているわけです。

この分野に、僕ら理容師が同じ「メンズエステ」という名前で売り込んでいっても、検索上位にあがるのはおそらく難しいですよね…..

本当に理容室でエステしたい方なら他の言葉で再度検索するかもしれませんが、勢いが削がれるのは間違いなく・・・

ところが、「鶴見 メンズ顔剃りエステ」で検索をかけると

こんな感じで僕らが広めたいほうのメンズエステが表示されるようになり、僕の店でもトップページにでるようになります。

なのでメンズエステをプッシュしたい全国の理容師の皆さん。

ホームページにメンズエステをメニューとして記載する際や

ブログ、SNSなどで発信する際は、

「メンズ顔剃りエステ」と表記したほうがよいと思います。

そしてこの言葉でお客様にも検索してもらえるよう

どんどん使い、広め、知って頂きましょう!

地域名 + メンズ 顔剃り」

「地域名 + 顔剃りエステ」

で検索する人を増やすために。

顔剃りができるのは僕ら理容師の武器ですから、そこをしっかり表記して伝えないとです。

そんなことを思いましたー。

LINEで送る
Pocket

フォローしていただけると、投稿を見逃しません

フォローしていただきますと更新を見逃しません

**************************************

【LINE@ 公式アカウント】
室長・副長と繋がるLINEアカウント。予約もできます(当日予約は☎で)。お悩み・ご相談、フォローします。

休業日や営業時間の変更のお知らせを「だいふく営業部長」が配信。

友だち追加

**************************************

【女性お顔剃りエステ「livingroom」専用Web Site】
大好評の半個室型女性お顔剃りエステ。空き状況やお休みやメニューのご確認はこちらで。

**************************************

《Facebook》

【室長 古澤達也】

「見るだけ」ならフォローがおすすめです

**************************************

《Instagram》

『眉カットとキッズカットと犬(だいふく営業部長)のインスタ』

**************************************

【室長 古澤達也のtwitter】

スポンサーリンク

もし気に入りましたらシェアしていただけると明日への意欲に繋がります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただきますと更新を見逃しません

スポンサーリンク