コカミドDEAが発ガン性物質というニュースについて

室長をフォローする

室長をフォローしてみる

夜中にこんばんは。室長のタツです。

多くのシャンプー剤に含まれる「コカミドDEA」という成分がアメリカカリフォルニア州で「発ガン性あり」として規制の対象になったというニュースをみました。びっくりしたのでちょっと調べてみました。

『「スカルプD」は発ガンシャンプー』
http://www.mynewsjapan.com/reports/1883

相変わらず出る杭は打たれますねwかわいそうなことにここではスカルプDが矢面に立たされていますが、コカミドDEAはなにもスカルプDにだけ含まれる成分ではなく、たくさんのシャンプー剤で泡立ちを補助する成分として使われてます。ご自宅のシャンプーの成分表示をみて下さい。たぶん入ってます。

○ 反論しているサイトもある

以前から発ガン性の指摘の声はあったようです。ただ、その辺の因果関係がはっきりしてない部分もあるようで、問題ないと言う人もいます。そちらの意見も知るべきでしょう。
例えばこちら。

毎日バケツでかぶらなければ大丈夫とのことw

最近はこういうの多いですよね。
きちんと放射線検査をして数値的に大丈夫だと言ってるのに「福島の野菜は食べたくない」なんて人が今もいるように、検査そのものを信じない人もいます。福島の子供の甲状腺ガンが増えたというデータもあれば変わってないというデータもあります。「何を信じるか」はまさに人それぞれ。

シャンプーもそうです。ラウリル・ラウレス硫酸系のシャンプー剤の危険性は色々なところで言われてますが、いまもメーカーは大多数のシャンプー剤にその成分を使っています。そのくせ「ラウレスフリー」なんていかにも髪に優しいコピーを謳ってシレッと別ブランドで販売してたりしますw もうどっちを信じていいかわかりませんw
ちなみにうちの店での対応はこのようになってます。
http://riyo-furusawa.yokohama/about

○ じゃあどうする?

そうなってくると僕らは科学者ではないのでその発ガン性を自分で実験するなんてできない以上、「できるだけ減らそうね」っていう対応をするしかありません。
シャンプー剤の成分表をみて「水」の次、またはその次あたりにコカミドDEAがきてるようなら他のシャンプー剤を使ってみてはいかがでしょう。
過去の経験でいえば、コカミドDEAが主成分のシャンプー剤は、使ううちに髪がゴワつく傾向があるように思いますので、その点も考えればそのほうがいいかもしれません。
まぁ、シャンプー選びも難しいですね。

image

こちらは当店イチオシシャンプーで室長も愛用する「ザクロ精炭酸シャンプー」。コカミドDEAは成分表示の5番目に書かれていました。問題なさそうです。よかったよかった。

ではまた。

スポンサーリンク