『敬愛なるフレディへ、僕なりの精一杯の愛を』

usual days

 

QUEEN。

 

言わずと知れたイギリスのロックバンド。

 

その存在はいまや伝説であり

 

ボーカルのフレディ亡き今もファンは多い。

 

僕もその一人で、大学時代にボヘミアンラプソディを聞いて衝撃を受けて、ガッツリはまった。

 

クラスの親友サカキバラと二人であまりにガッツリはまっていたため、「あの二人はゲイなんじゃないか」と噂が出たことがあったほどに。

 

僕のギターの裏には今もステッカーが貼ってあるし

 

 

CDはもちろん、今となっては観ることができないVHSのビデオクリップ集もいまだに本棚に眠っている。

 

ただ僕がはまったのはフレディの没後で残念ながらリアルタイムで彼に出会うことはできなかった。

 

まあ自分語りはどうでもいい。

 

今回、娘の付き添い以外では実に「世界の中心で愛を叫ぶ」以来となる、映画鑑賞をしてきたのだ。

 

映画「ボヘミアンラプソディ」

この映画がかなり評判になってるのは皆さんご存知だろうし、内容に関してとやかく言うのは野暮というものだ。粋じゃない。いや、ロックじゃない。

 

長年映画に行ってなかった僕が重い腰をヨッコラショと上げた理由、それはただひとつ。

 

フレディへの感謝と敬意を表すためだ。

 

そのために僕は、、、

髭をまとった。

 

髪もオールバックにした。

 

全ては、僕が世界最高のボーカリストと疑うことなく思える、敬愛なるフレディへのオマージュだ。

 

似てるとか似てないとか、そういう問題ではない。

 

フレディ愛してるよ。君のいない世界は少しだけ寂しいよ。

 

という愛なのだ。

 

Twitterのプロフもこれにした。

 

これこそ愛だ。

 

チケットも当然この顔で買ったし、ドリンクのカフェオレもこの顔で買った。

 

若干店員さんの目線が気になったが、どうってことはない。愛があるから。

 

お約束の記念写真もばっちりフレディ。

 

せっかく見るならいい音でナイスフレディ。

 

映画は、鳥肌が立つシーンが何度もあったし、フレディや特にジョン・ディーコンは本物と偽物の区別がつかないくらいに似ていて笑った。

 

フレディの波乱の人生をよくぞ2時間にまとめたなー、と。

 

映画はまだやっているようなので、興味のある方は是非映画館へ行ってみてフレディ。

 

 

ご予約・ご注文・ご相談はLINE@から。どうぞご登録下さい。

 

登録すると自動メッセージが届き、トークルームが作られます。ご予約・ご注文などの際はそこから通常のLINEと同様にご連絡いただければ、1対1のトークになり、他のお客様が見ることもありません。
また、登録しただけですとどなたが登録されてるかはこちらにはわからないのでご安心下さい。

 

理容フルサワ~LIVINGROOM~ 

横浜市鶴見区市場上町2-33

(京急鶴見市場駅より徒歩2分)

予約TEL  090-8179-0092
(スマホの方はクリックで電話できます)

 

予約状況の確認はこちらをどうぞ。

◎メンズ・キッズ

営業・予約状況
鶴見市場駅から徒歩2分、八丁畷駅から徒歩5分の駅近理容室。 働く男の息抜き処、お疲れ女性の癒しスペース。 顔そりエステ、シェービング、ヘッドスパ重視の「癒し特化型理容室」 理容フルサワ〜LIVINGROOM〜webroomへご来訪あり...

❀メンズ/女性お顔剃りエステ

https://tokoyatomo.wordpress.com

 

 

投稿者プロフィール

古澤 達也
古澤 達也理容師
セパレート型理容室「理容フルサワ~a livingroom~ 」3代目室長。1973年生まれ、出身・在住ともに横浜市鶴見区。
全理連ヘアーカウンセラー。
2010年横浜市優秀技能者賞受賞。
ヘッドスパ、マッサージ、顔剃りエステなどのヒーリングメニューを重視する理容スタイルで、お客様を日々寝落ちに誘うことが仕事する上での喜びとなってます。
活動理念は「目の前の人を笑顔にする」。
友人申請、フォローはお気軽にどうぞ。