『眉カットをするなら今すぐやめるべき、ある動作とは?』

How-To

 

こんにちは。憧れの眉毛はゴルゴ13の眉。理容師のフルサワです。

 

顔剃りの時に眉カットもするのですが、こういう眉毛になってる方をよく見かけます。

 

理想の眉型をこれとすれば

よく見かけるのが、

真ん中が凹んでしまっている形。

なんでこうなってしまうのか?

 

原因はよくやりがちなこの動作

これ、眉を剃る時のある動作が原因なんです。

それは

コレなんです。

そう。眉毛を剃る時についついやってしまいがちなこの動作。

眉毛が通常の位置より、だいぶ上がった状態で形を整えてしまっているんです。

特に眉山と言われる眉の頂点の位置がこの顔をすると一番上がります。

この眉山が一番上がった状態で整えてしまうから、眉毛が通常の位置に戻った時に、

こうなってしまうんですね。

 

こうならないようにする為には

真ん中が凹んだ眉毛にならないようにする為には、フツウの顔で剃ること。

つまり

こんな遠い目で

こんな人を射るような目で

こんな、街を歩けば職質されそうな目つきで剃ればよいのです。

 

参考になりましたか?

 

そういえばヒゲを剃るときってよく

こういう顔になりますよね。

ではまた。

 

理容フルサワ~a livingroom~ 

横浜市鶴見区市場上町2-33

(京急鶴見市場駅より徒歩2分)

予約TEL  090-8179-0092
(スマホの方はクリックで電話できます)

または

友だち追加

こちらからもご予約できます。

ご相談・ご質問もご遠慮なく。

 

予約状況の確認はこちらをどうぞ。

◎メンズ・キッズ

営業・予約状況
鶴見市場駅から徒歩2分、八丁畷駅から徒歩5分の駅近理容室。 働く男の息抜き処、お疲れ女性の癒しスペース。 顔そりエステ、シェービング、ヘッドスパ重視の「癒し特化型理容室」 理容フルサワ〜LIVINGROOM〜webroomへご来訪あり...

❀メンズ/女性お顔剃りエステ

https://tokoyatomo.wordpress.com

 

投稿者プロフィール

古澤 達也
古澤 達也理容師
昭和33年創業「古澤理容館」の三代目として、現在は、癒しメニュー特化型理容室「理容フルサワ~LIVINGROOM~ 」室長。1973年生まれ、出身・在住ともに横浜市鶴見区。全理連ヘアーカウンセラー。2010年横浜市優秀技能者賞受賞。

理容師の為のオンラインサロン『Barber-Bar』主宰。

「心地良い顔そりの追求」をテーマに、顔そりやマッサージを重視する理容スタイルで、ストレス社会に生きる現代人の疲れや肌荒れと向き合っている。独自の顔そり術でお客様を眠りに誘うことが、この仕事をする上での最大のやりがい。

活動理念は「皆様の日常に笑顔が増えるお手伝いをする」。

講習依頼、友人申請、フォローはお気軽にどうぞ。