『納豆が嫌いだ』

poetry
この記事は約5分で読めます。
鶴見市場駅から徒歩2分、八丁畷駅から徒歩5分。働く皆様の為の癒されスペース、理容フルサワ「LIVINGROOM」室長の古澤達也です。

乾燥肌に特化したエステシェービングと眠れるヘッドスパで忙しい毎日に癒しのひとときを提供するメンズバーバーです。

カットはメンズオンリー、お顔そりは女性も対応させていただいております。疲れたなと思ったら、または乾燥肌にお悩みでしたら、どうぞお気軽にお立ち寄りください。


 

僕は納豆が嫌いだ。

 

ねばねばしてるから嫌いだ。

 

ねばねばしててクサいのが嫌いだ。

 

ねばねばしててクサくてビヨーンて糸引くのが嫌いだ。

 

とにかく僕は納豆が嫌いなのだ。

 

 

副長(嫁さん)は茨城県常陸大宮市出身で

 

「納豆さえあれば何もいらない」

 

なんて言っちゃうほどの納豆フリーク。

 

初めて副長の実家に挨拶しに行った際は、

 

「僕、納豆が食べられないんです」

 

と副長のおばあちゃんに話をしたら

 

「へぇーーーー

 

じゃあ、何食べんだ?

 

と言われたのを僕は忘れない。

 

それでも僕はブレずに納豆が嫌いだ。

 

ちなみにこれは副長の実家の隣町の有名な納豆屋さん「舟納豆」。かの長嶋茂雄さんはここの納豆しか食べないらしい。興味があればご賞味あれ。

https://www.funanatto.co.jp/

 

 

僕は中1の時、誓いを立てた

なぜ僕はこれほどまでに納豆が嫌いなのか?

 

あれは剣道部の夏合宿。

 

行った初日で強烈なホームシックにかかるほど

 

酷暑の中、厳しい稽古が毎日行われていた。

 

 

ある朝、宿の朝食に納豆が出てきた。

 

当時の僕にとって納豆は

 

「頑張れば食べられる」食材だったが

 

その日出てきた納豆は、

 

食べられる人をもってしても

 

「なにこれ、、不味い、、、」

 

と言われるようなクズ納豆だった。

 

僕も一口食べてみたが、とても食べられる代物ではなかった。

 

なんかもう、めっちゃクサいのだ。

 

しかし、出されたご飯を残すことは許されない。

 

 

当時の剣道部顧問のモリタ先生は、

 

誰が見てもヤ○ザのような先生で

 

殴る蹴るなんて当たり前。

 

現に目の前で、ご飯を残した先輩が無惨にもボコボコにされていた。

 

(こ、これはなんとしても食べなければ・・・・)

 

そう覚悟を決めたピュアボーイ古澤

 

どうにかして食べられる方法はないかと

 

仲間に情報収集を試みた。

 

 

すると、同級生のホンダくんから

 

「味噌汁をかけるとどうにかイケル」

 

という神情報が流れてきた。

 

納豆好きな方からしたら

 

そんなことしたら逆に食べられないよ!

 

という話であろうが、

 

その時の僕にはその言葉にすがるしかなかった。

 

迷わず納豆ご飯に味噌汁をかけた。

 

すると、この世の物とは思えない

 

おぞましい味の汁物が出来上がった。

 

(ホ、ホンダめ、、、、)

 

後悔しても後の祭り。

 

混ぜてしまったものを別々にすることはできない。

 

掻き込むしか残された術は僕にはなかった。

 

 

その時僕は誓った。

 

今日これを頑張って全部食べたら

 

もう、おれは一生納豆は食わない、と。

 

ちなみに副長が一番好きな納豆はこの「くめ納豆」。副長のおばぁちゃんも同じ事を言っていた。

http://www.mizkan.co.jp/kume/index.html

 

この時自分に立てた誓いを、

 

僕は今も守り続けているのだ。

 

あの日泣きながら「納豆味噌汁ご飯」を掻き込んだ僕を裏切らない為に。

 

 

聞いてるか?中1のピュアボーイ古澤よ。

 

あれから30年経った今も、僕は約束を守り続けている。

 

そして君にひとつアドバイスするとしたら

 

ホンダくんのアドバイスは絶対に聞くな!!!

 

ということである。

 


 

友だち追加

ご予約・ご注文・ご相談はLINEから。登録済みの方はクリックで個別のトークルームに飛べます。

ご登録済みの方はこの画像または上のバナーをクリックで予約用トークルームが開きます。

登録すると自動メッセージが届き、トークルームが作られます。ご予約・ご注文などの際はそこから通常のLINEと同様にご連絡いただければ、1対1のトークになり、他のお客様が見ることもありません。
また、登録しただけですとどなたが登録されてるかはこちらにはわからないのでご安心下さい。

 

理容フルサワ~LIVINGROOM~ 

横浜市鶴見区市場上町2-33

(京急鶴見市場駅より徒歩2分)

予約TEL  090-8179-0092
(スマホの方はクリックで電話できます)

 

予約状況の確認はこちらをどうぞ。

◎メンズ・キッズ カット

営業・予約状況
横浜市鶴見区鶴見市場の理容室、理容フルサワのメンズカット・シェービング・オプションの予約状況と営業時間のご案内です。乾燥肌に特化したシェービングと癒しのヘッドスパが特徴です。

お顔そり
https://beauty.hotpepper.jp/kr/slnH000533853/

 

↓↓twitterの世界で楽しく生きてます。宜しければフォローお願いします。通常フォロバします。Twitterリンク

投稿者プロフィール

古澤 達也
古澤 達也理容師
昭和33年創業「古澤理容館」の三代目、現在は、癒しメニュー特化型理容室「理容フルサワ~LIVINGROOM~ 」室長。1973年生まれ、出身・在住ともに横浜市鶴見区。全理連ヘアーカウンセラー。2010年横浜市優秀技能者賞受賞。

理容師の為のオンラインサロン『Barber-Bar』主宰。

「心地良い顔そりの追求」をテーマに、顔そりやマッサージやヘッドスパを重視する理容スタイルで、ストレス社会に生きる現代人の疲れや肌荒れと向き合っている。圧倒的な仕上がりをもたらす独自の顔そり術は評判を呼び遠方からの来客も多い。

活動理念は「皆様の日常に笑顔が増えるお手伝いをする」。顔剃りでお客様を眠りに誘うことがやりがい。

ブログは15年以上続けており、ライフワークとなっている。

講習依頼、友人申請、フォローはお気軽にどうぞ。