『インスタライブ初挑戦が空回りした一部始終と、そこでわかったライブ配信必勝法を語ろう』

document

 

このシェービング用化粧品を作ってるTRUE COLORSの菱沼チカさん

 

https://www.facebook.com/chikako.hishinuma

 

理容フルサワに顔を出してくださり、相変わらず楽しいお方だったのだが、なぜか話の流れでインスタライブをすることに。

 

僕は理容フルサワとしてインスタのアカウントは持ってるものの、インスタの楽しさが一向にわからず、普段の更新は嫁様任せだし、キラキラした空間が苦手でツイッターの闇に紛れてるタイプの人間だ。

 

そんな僕にチカさんは、「配信をせよ!」「生で喋れ!」「その髭ヅラを全世界に届けろ!!!」と仰る。

 

「チカさんてちょっと頭おかしいのかな?」と思いながらも『楽しそうならやってみる』が合い言葉の僕はとりあえずやってみることに。

 

もちろん、僕はライブ配信などしたことがない。人前で喋るのは苦手だし、かといって無言で画がもつほどのイケメンでもない。

 

そんな感じで心の準備ができないまま始めることになったインスタライブ。それは、40代半ばのオッサン理容師にはほろ苦いデビュー戦となった。

 

今日はその一部始終を余すとこなくお届けしよう。

 

そしてこの失敗を参考にして、もしご自身が急にインスタライブをやることになった時の指針としてもらえればこれ以上の喜びはない。

 

配信スタート

室長、ツカミをミスる

何事もまずは最初が肝心。

 

人の第一印象は会って七秒で決まると言われている。

 

そこで僕は出だしから勝負をかけた。

 

それがこれだ。

 

気付いていただけただろうか。僕が仕込んだ大仕掛けを。

 

をご覧いただきたい。

そう。「撮影するチカさんを撮影仕返す」「しかも謎のグッズで」というツカミを仕込んでいたのだ。

 

しかし、それは僕の身長のデカさゆえに見事に画面の外へと見切れ、画面も消えてしまっていたため、誰にも気付かれることなく終わった。

 

結局何がしたいんだかわからないエプロンつけたデカいやつが

 

よくわからないものを頭につけてご挨拶。

 

こうしてツカミは失敗に終わった。

 

挙動不審なインタビュー

僕らのことやinspire&のことについて菱沼さんが色々と聞いてくれるインタビューコーナーになった。

 

しかし、インタビュー慣れしていない僕は、常に落ち着かず、

目や鼻を掻いたり、

エプロンの裾を閉じたり広げたりして、

「熱く語る俺氏」を演じたものの、最終的にはなぜか目が開かなくなるという不運に見舞われた。

決して眠いわけではないし、営業中なので酔っ払いでもない。そもそも酒が飲めない。

 

これでは視聴者の方からしたら

 

こいつ、何か隠し事をしてるな。とか

 

こいつ、本当はめっちゃ自信がないんだろうな。とか

 

こいつ、何かクスリやってんな。とか

 

そう思われても仕方がない。それほどのキョドっぷりだった。

 

お前は演じなくていい

日頃からブログを書いているとどうしても自撮りしなくてはならない状況や、自撮りしたほうが伝わりやすい状況に出くわすことがある。

 

そうした自撮りに慣れてしまった僕は、カメラを向けられるとついつい表情を作りたがるクセがついてしまったようだ。

 

「驚き」の表情

 

「恍惚」

テカテカ

ヒドい、、、

 

 

「いないいなーーい、、ばっ!!!」

 

謎の笑顔

 

このように「自然な表情」ができず、どこか「演じてる自分」がいるのだ。

 

カメラの前で「普通」にしていられる「確固たる己」「ブレない自分」が何一つない。

 

そしてその演技すら、カスレベルのひどい演技なんだから、きっと菱沼さんもやりづらかっただろう。

 

菱沼さん。

 

大変申し訳なかった!!!

 

教訓

もしまた次にインスタライブなどのライブ配信をやることがあれば、たぶんないけど、もしもやることがあるとするなら。

 

以下の事を心がけようと思う。そしてこれはこれからライブ配信デビューする諸君にも知っておいて損はないはずだから、軽ーーーく心の片隅にでも留めておいてもらえるとありがたい。

 

もちろん忘れてしまっても問題ない。

 

教訓① 最初から飛ばさない

登場と同時にいきなり視聴者のハートを鷲掴みしようと頑張るのはいいが、ウケてもスベってもその後の失速感が、やってるこちらも見ているあちらも共にいたたまれない気持ちになるから辞めた方がよい。

 

スベリを挽回しよう空回りを続け、その疲れからか最後の方は目が開かなくなったという不幸な男の事例を君はさっき見たはずだ。

 

あくまで「スッ」と視聴者の心に忍び込むような、そんな自然な入りを心がけたい。

 

教訓② 落ち着け

自信がないのはわかる。不安なのもわかる。

 

でもまずは落ち着こう。

 

視線を散らさず、手はお膝。椅子は浅めに腰掛け、背筋を伸ばす。

 

この凛とした姿勢が視聴者に信頼感をもたらし、君が発する言葉は説得力を伴うようになる。

 

こいつ、、、クスリやってんな?なんて思われたらもうアウトだ。

 

教訓③ 痛々しく盛るな

楽しんでもらいたい。伝えたい。そう思う気持ちは僕もわかる。

 

せっかく見てくれてる人に何かお土産として持って帰ってほしい。その気持ちもわかる。

 

でもね、

 

やりすぎちゃダメだ。過剰な演出は今の世の中では「ヤラセ」と言うんだ。かえって嘘臭くなるんだ。それをわかったほうがいい。わかったほうがいいぞ、古澤。

 

そして、素の状態ではとてもとても画的に耐えられないほどのブサイクに生まれてしまったことを受け入れて強く生きていこう、古澤。

 

頑張れ、古澤。

 

 

ライブ配信をご覧いただいた皆様、コメントくれた皆様、菱沼さん、ありがとうございましたー。

 

今回のインスタライブ動画はこちらで観れます。宜しければフォローなんぞを。

《Instagram》

https://www.instagram.com/bb_furusawa/

**************************************

キラキラブランディングに疲れたあなたはこちら

《twitter》

https://twitter.com/bb_furusawa?s=09

 

いえーぃ

inspire&のご相談も受け付けてます

 

ご予約・ご注文・ご相談

理容フルサワ~LIVINGROOM~

LINE@でお待ちしております

友だち追加

 

理容フルサワ~LIVINGROOM~ 

横浜市鶴見区市場上町2-33

(京急鶴見市場駅より徒歩2分)

予約TEL  090-8179-0092
(スマホの方はクリックで電話できます)

 

予約状況の確認はこちらをどうぞ。

◎メンズ・キッズ

営業・予約状況
鶴見市場駅から徒歩2分、八丁畷駅から徒歩5分の駅近理容室。 働く男の息抜き処、お疲れ女性の癒しスペース。 顔そりエステ、シェービング、ヘッドスパ重視の「癒し特化型理容室」 理容フルサワ〜LIVINGROOM〜webroomへご来訪あり...

❀メンズ/女性お顔剃りエステ

https://tokoyatomo.wordpress.com

 

投稿者プロフィール

古澤 達也
古澤 達也理容師
昭和33年創業「古澤理容館」の三代目として、現在は、癒しメニュー特化型理容室「理容フルサワ~LIVINGROOM~ 」室長。1973年生まれ、出身・在住ともに横浜市鶴見区。全理連ヘアーカウンセラー。2010年横浜市優秀技能者賞受賞。

理容師の為のオンラインサロン『Barber-Bar』主宰。

「心地良い顔そりの追求」をテーマに、顔そりやマッサージを重視する理容スタイルで、ストレス社会に生きる現代人の疲れや肌荒れと向き合っている。独自の顔そり術でお客様を眠りに誘うことが、この仕事をする上での最大のやりがい。

活動理念は「皆様の日常に笑顔が増えるお手伝いをする」。

講習依頼、友人申請、フォローはお気軽にどうぞ。