『無断キャンセルされて嘆くより、僕は心に火がついた』

こんな記事が人気です

予約制を導入してから3年

どうしても付きまとうのが

無断キャンセル。

日曜も一件ありました……

これをやられると

その押さえてた時間がぽっかり空いてしまうだけでなく

他のお客様も入れられないので

店としては二重の損害になります。

技術者と椅子を何台も抱えてる大型店なら多少の融通をきかせることができるかもしれませんが

ほぼほぼマンツーマンの我が店では

わずか10分の遅刻でさえも

その後のお客様

またその後のお客様へと影響がでてしまいます。

やむを得ない理由があるならともかく、

「寝坊した」

とか言われると

「え、自分で時間指定したのに、マジか…………」

となるわけです。

なので無断キャンセル、並びに遅刻に関して

しないでほしいというのはあるにはあるのですが、

特に遅刻に関して言いますと

僕のほうにだって急なオプション追加や

カットの全体的なやり直しなどがあれば

予定の時間に収まらないことはあり得るわけで。

そこはもうお互い様という部分で

その辺あまりとやかく言いたくないのが本音です。

無断キャンセルに関しても

同業者のブログなどをみると

「うちらの業界はバカにされてるからだ」

「キャンセル料をとるべきだ」(←実際にとってる店はあります)

「ネット予約ができるようになって手軽に予約ができるようになった分、予約の意味合いが軽くなってしまっている」

などの声が見受けられます。

でもなんか…….

それって人間関係で言えば

『相手に変わってほしい』

って部分だと思うんですよねー。

それってあまり伝わらないし

ストレスのかかる非効率的な考え方でして…

ならば大事なのは

『自分が変わること』

つまり

「キャンセルや遅刻をしてしまったらめっちゃ後悔するような、そんな魅力溢れる店にする」

というのを最優先で考えるほうが建設的な気がします。

ぶっちゃけちゃえば

その人にとっては無断キャンセルしちゃえる程度の店だったんですよ、僕の店は。

それならそれを超えてやろうじゃないの。

他の店に行ってみて、

「あー、やっぱりフルサワじゃなきゃだめだなー」

と思わせる魅力を持つ店になるということ。

損して得とれじゃないですが

嘆いていても始まらないわけで

そこからも何かを得ようとしないと

共倒れですよね。

そういう意識を持ち続けていたいです。

たださすがにムダキャンやられた瞬間は

こんな感じになりますね 笑

「出会った全ての人に感謝。キャンセルした人にだってありがとう。」

みたいなセリフはとてもじゃないが言えません 笑

生活かかってますから。

ま、頑張ります。

ではまた。


リンク

《Webサイト》

【理容フルサワ ~a livingroom~ Web Site】
理容フルサワの全てがここに。室長ブログが熱い!

【女性お顔剃りエステ「livingroom」専用Web Site】
大好評の半個室型女性お顔剃りエステ。空き状況やお休みやメニューのご確認はこちらで。

**************************************

【LINE@ 公式アカウント】
LINEで予約ができます(当日予約は☎で)。休業日や営業時間の変更のお知らせを「だいふく営業部長」が配信。

友だち追加

**************************************

《Facebook》

【室長 古澤達也 on facebook】
お客様の友人申請100%承諾(スパム以外)

フォローはこちらから

【副長 古澤友美 on facebook】

**************************************

【副長・she美st(シェービスト)~とも~ ブログ】
他は認めるが自は認めない、本物の『天然』がそこに。「副長とも」がお送りする誤字脱字が多めのブログ。

**************************************

【室長タツのtwitter】
お客様を寝落ちさせることに魂を燃やす理容師、それが室長タツ。カレーに目がない室長タツ。フォローはお気軽に。

投稿者プロフィール

古澤 達也
古澤 達也理容師

セパレート型理容室「理容フルサワ~a livingroom~ 」3代目室長。1973年生まれ、出身・在住ともに横浜市鶴見区。
全理連ヘアーカウンセラー。
2010年横浜市優秀技能者賞受賞。
ヘッドスパ、マッサージ、顔剃りエステなどのヒーリングメニューを重視する理容スタイルで、お客様を日々寝落ちに誘うことが仕事する上での喜びとなってます。
活動理念は「目の前の人を笑顔にする」。
友人申請、フォローはお気軽にどうぞ。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

もし気に入りましたらシェアしていただけると明日への意欲に繋がります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただきますと更新を見逃しません

スポンサーリンク