『【PITTA(ピッタ)】インフル・花粉症のマスク選びに終止符が打たれたのでその理由を話そう』

Blog
この記事は約6分で読めます。
癒しメニュー特化型理容室「理容フルサワ-LIVINGROOM-」室長の古澤達也です。『心地よい顔そりの追求』で突き抜ける床屋・Barberです。

僕ら理容フルサワの顔そりは、ストレス社会で頑張るあなたにひとときの心地よい癒しと眠りをもたらし、清潔感のある肌へと導きます

ご予約はLINEまたはお電話で。横浜市鶴見区 鶴見市場から徒歩2分、川崎区 八丁畷から徒歩5分。疲れたな、と思ったら是非ご連絡下さい。


人って常に迷いながら生きてる旅人で、自分にとって最善はなんなのか?自問自答を繰り返しながら今日を過ごしてる。

 

こんにちは、ミスチル桜井っぽいこと言ってみたかった理容師の古澤です。

 

そうやって模索しながら日々を生きてると、たまに「これだ!!」というものに出会うことがある。

 

以前にも、一年中サンダルばかり履いている僕が数々のサンダルを彷徨い続け、遂に出会った奇跡の逸品「テスラ」を紹介したことがあった。

『誰もが一生抱えるはずの問題を僕はクリアした。』
ミスチルの桜井さんがある歌の中で言ってます。 迷いや悩みなど一生消えぬものと思えたなら僕らはスーパーマン。 Mr.Children 「alive」より そうなんです。 迷いや悩みは一生消えないんです。 しかし減らし...

 

これ、僕は今も壊れたら買い、破れては買いを繰り返しながら履き続けている。

 

そして今回も「僕はもう一生これでいい。いや、これがいいんだ!!こいつと一生添い遂げるんだ!!」と思うモノに出会ってしまったので、僭越ながらご紹介したい。

 

それは、このインフルエンザや花粉症の季節の救世主となりえる逸品なのである。

 

それでは紹介しよう。マスク必須なこの季節に今、僕の心を鷲掴みにして一筋の光明を照らしてくれたもの。それは、、、

Pitta様

これだ。

画像元 https://www.arax.co.jp/pittamask/

呼び捨ては許さない。僕の苦悩の日々に光を差してくれた君を、僕は敬意を込めて「ピッタ様」と呼ぶことにする。

 

いったいピッタ様の何がそんなに凄いんだい?読者の皆様はそうお思いだろう。それではこのピッタ様の何がスゴイのかをひらすら力説していこう。

 

通気性がスゴイ

装着してまず最初に驚くのはおそらくこれだろう。

 

マスクを抜ける空気の通りが良くて、めちゃくちゃ呼吸がしやすいのだ。

 

みなさんも見たことがあるのではないだろうか?呼吸をするたびにマスクの口の部分がペッコンポッコンしている人を。

普通の不織布のマスクの空気抵抗が10であるなら、ピッタ様は3(僕調べ)。

 

こんなんでちゃんとフィルターが機能しているのか?と思うほどだ。

 

そしてこの通気性の良さが思わぬところにも寄与する。それがこれだ。

 

メガネが曇らない

そう。ピッタ様は通気性が良く、吐いた息がそのまま前方に通り抜ける為、空気が上に逃げてこない。よって、メガネが曇らないのだ。

 

これは僕のようなメガネ人にとってありがたいことこの上ない。

 

耳が痛くならない

ピッタ様はポリウレタンというスポンジのような柔らかい素材でできているので、長時間マスクしていても耳が痛くなることは、ない

 

これ、本来なら「耳が痛くなりにくい」と書くべきなのかもしれない。しかし私見であるがあえて言おう。ピッタ様に関しては「耳が痛くならない」と。

 

洗える

ウォッシャブル。ピッタ様はウォッシャブルだ。

 

皆さんも経験があると思うが、風邪や花粉症であれば、マスクの中でくしゃみをしてしまうことがあるだろう。その後の皆さんのマスクの中はどうなったであろうか?

 

唾や鼻水の大洪水、クッサクサのグッチャグチャだったのではなかろうか??

 

今までのマスクならそのマスクはご臨終。ゴミ箱にポイするしか道はなかった。

 

しかしピッタ様はへこたれない。洗えるからだ。

 

汚れてしまったら、トイレの手洗いや流水設備で水洗いしてギュッと絞ればまた復活するのだ。

 

なんだったらすこし湿った感じが「濡れマスク」になって気持ちいいくらいで、なんのデメリットにもならないのだ。

 

マイナスからプラスへ座標軸をわたって、無限の希望を愛を夢を奪いにいこう。

 

これもまた桜井氏の言葉だが、ピッタ様は存在そのものがまさにそれだ。

 

カラフル

ピッタ様にはいろいろな色が用意されている。

画像元 https://www.arax.co.jp/pittamask/

画像元 https://www.arax.co.jp/pittamask/

画像元 https://www.arax.co.jp/pittamask/

 

僕がつけているのは「GRAY」だ。ミスチルと同年代のモンスターバンドは「GLAY」だからお間違いなく。

 

「lightgray」と「white」も持っている。

 

そしてピッタ様のおかげで僕はある偏見を払拭することができた。

 

これはもう謝らないといけないのだが、僕は黒いマスクを見るたびに「黒にする必要性を感じない、、、てか多分この人、自意識過剰な人なんだろうな」と思っていた。

 

本当にごめんなさい。

 

気分や着る服に合わせてマスクの色も選べる時代になったということを理解できていなかったのだ。

室長
室長

ダークカラーのマスクには小顔に見せる効果もあると思われます。次はカーキいってみよかな、、、

 

とにかく最高なマスクなので、マスクをする機会のある人は是非一度おためしあれ。

 

 

花粉症対策編もご参照あれ。

『花粉症に悩めるあなたに捧げるバラード』
花粉症。 悩んでませんか? 本日は花粉症に悩む方に捧げるバラードの数々をご紹介します。 まずはこれ。 画的にちょっとどうかなと思いますが 花粉症に悩む方にオススメしたい健康ドリンクです。 作り方は簡単...

 


ご予約・ご注文・ご相談はLINE@から。ここだけの情報も配信します。登録済みの方はここからトークルームに飛べます。

登録すると自動メッセージが届き、トークルームが作られます。ご予約・ご注文などの際はそこから通常のLINEと同様にご連絡いただければ、1対1のトークになり、他のお客様が見ることもありません。
また、登録しただけですとどなたが登録されてるかはこちらにはわからないのでご安心下さい。

 

理容フルサワ~LIVINGROOM~ 

横浜市鶴見区市場上町2-33

(京急鶴見市場駅より徒歩2分)

予約TEL  090-8179-0092
(スマホの方はクリックで電話できます)

 

予約状況の確認はこちらをどうぞ。

◎メンズ・キッズ

営業・予約状況
鶴見市場駅から徒歩2分、八丁畷駅から徒歩5分の駅近理容室。 働く男の息抜き処、お疲れ女性の癒しスペース。 顔そりエステ、シェービング、ヘッドスパ重視の「癒し特化型理容室」 理容フルサワ〜LIVINGROOM〜webroomへご来訪あり...

❀メンズ/女性お顔剃りエステ

~LIVINGROOM~ 【うぶ毛そり エステ ヘッドスパ】
鶴見区・川崎区・京急鶴見市場から徒歩2分・八丁畷から徒歩5分で駅近。床屋の中の小さな空間。女性理容師が対応。

 

投稿者プロフィール

古澤 達也
古澤 達也理容師
昭和33年創業「古澤理容館」の三代目、現在は、癒しメニュー特化型理容室「理容フルサワ~LIVINGROOM~ 」室長。1973年生まれ、出身・在住ともに横浜市鶴見区。全理連ヘアーカウンセラー。2010年横浜市優秀技能者賞受賞。

理容師の為のオンラインサロン『Barber-Bar』主宰。

「心地良い顔そりの追求」をテーマに、顔そりやマッサージやヘッドスパを重視する理容スタイルで、ストレス社会に生きる現代人の疲れや肌荒れと向き合っている。圧倒的な仕上がりをもたらす独自の顔そり術は評判を呼び遠方からの来客も多い。

活動理念は「皆様の日常に笑顔が増えるお手伝いをする」。顔剃りでお客様を眠りに誘うことがやりがい。

ブログは15年以上続けており、ライフワークとなっている。

講習依頼、友人申請、フォローはお気軽にどうぞ。