『あるお客様のためにペットの火葬について調べました。』

こんな記事が人気です

 

先日の営業中の会話でペットがもうすぐ亡くなりそうという話が出まして。

火葬の話が出たのですが、僕の記憶もあいまいで詳しく答えられなかったので今日はそのフォローアップとして書きます。

いつかは我が家にも訪れるであろうその時のための備忘録も兼ねて。

もしも飼ってる犬や猫が亡くなったら

まず、「合同火葬」にするか、「個別火葬」にするかを決めます。

「合同火葬」は費用が安いですが、骨は返ってきません。

「個別火葬」は費用が高いですが、骨壺に入れて持ち帰ることが可能です。

どうするか決めたら、火葬をどこに頼むか決めます。

公営の施設と民間の施設があります。

横浜市民で公営を選ぶならこちら。

横浜市健康福祉局ホームページ

横浜市 健康福祉局。高齢者福祉、障害福祉、保険、年金、医療、感染症、難病、安全、環境、ペット、衛生、保健所、衛生研究所など横浜市民の皆様の生活に関する情報を掲載。

市営の火葬場は戸塚斎場だけみたいですね。

費用は

・合同火葬 (持ち込み)3000円 返骨不可

           (引取回収)6500円 返骨不可

・個別火葬  1kg未満   10000円 骨壺代含む

            1㎏~5㎏  20000円 骨壺代含む

            5㎏~25㎏ 25000円 骨壺代含む

           25㎏~50㎏ 30000円 骨壺代含む

・横浜市民のみ

ちなみに川崎市は個別火葬は民間業者しかないようで、合同火葬のみ3000円でできるようです。

連絡先は各地域の生活環境事業所が窓口のようです。

生活環境事業所一覧

民間の業者はたくさんありますが、サイズが大きくなると公営と値段に差がでる傾向があります。

我が家の犬(17kg)のサイズで個別火葬で探すと横浜市営と民間ではだいたい一万円位の差がでるようです。

ただ、車で自宅に引き取りに来てくれる業者があったり、ペット霊園とセットになっている所もあります。

合同火葬で骨は持ち帰らないけど、たまにお墓参りくらいは行きたいという方には「霊園セット」もいいかもしれません。

犬や猫を持ち込む時は

そのまま持っていく事はできません。

段ボールにビニールとタオルを敷き、保冷剤を詰めて、遺体もタオルに包み、中に入れます。

犬や猫の場合ですと、亡くなると足がピーンと伸びて硬直している場合があるので、割と大きな段ボールが必要だったりします。

あらかじめ近所のスーパーやホームセンターなどで持ち帰り用の段ボールがあるところをチェックしておくと、いざという時に慌てずに済むと思います。

持ち込んだら、保冷剤は燃やせないので外に出します。なので使い捨てタイプのほうが良いと思います。

参考になりましたでしょうか。

お役に立てれば良いのですが。

やっぱこういう話はせつなくなりますね。

このブログがたった一人の方に届きますように。

理容フルサワ~a livingroom~ 

横浜市鶴見区市場上町2-33

予約TEL  090-8179-0092
(スマホの方はクリックで電話できます)

または

友だち追加

公式LINE@でご予約できます。

ご相談・ご質問もこちらから。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

もし気に入りましたらシェアしていただけると明日への意欲に繋がります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただきますと更新を見逃しません

スポンサーリンク