床屋といえばジャンプ

こんな記事が人気です

image

店主としては三代目、年数としては55年を越える理容フルサワの歴史の中で、たくさんの事が時代に合わせて変わってきました。去年は改装もしました。
でも昔から変わらないこともあります。

そのひとつが「ジャンプ」を切らさず置き続けていること(笑)

「そんなことかーい!」と突っ込みの声が聞こえてきそうですが、よく考えてみて下さい。40年近く雨の日も風の日も雪の日も毎週欠かさず買い続けてるって凄くないですか?

ざっくり今計算してみたら、毎週250円のジャンプを年間50号まで40年買い続けたとすると

¥500,000

注ぎ込んでることが判明しました笑

やはり床屋といえばジャンプ。
とゴルゴ13。笑
そこに美味しんぼが加わればパーフェクト。笑
ご他聞に漏れず、母の代の頃にはキッチリ両方置いてありました。
毎週月曜日になると欠かさず店のソファでジャンプを読むのが僕の楽しみでした。

室長が子供の頃は、「マンガは子供が読むもんだ。大人が読むなんてみっともない」という考えが一般的でした。
だから僕も「大人になったらマンガなんて読まなくなるんだろうなぁ」なんて思ってました。しかし、お店のソファでゲラゲラ笑いながらジャンプを読み漁っていた床屋のダメ息子は、その店の店主となった42歳の今も毎週欠かさず読んでます。

いつになったら大人になれるのでしょう。心はいまだに「少年」ということなのか。

週刊少年ジャンプ、創刊は1968年で週刊化されたのが1969年だそうです。
物心ついたときには店のジャンプを読んでいたので、35年位は読み続けてるわけで。

あと¥500,000は用意しとかないとな。

それにしても今週のジャンプ…………

image

image

image

ふぁっ!?
だいぶ攻め込んだな!!
少年誌だぞ!!!
編集長大丈夫か!?!?
内容が気になる方は当店へ。笑

ではまた。

投稿者プロフィール

古澤 達也
古澤 達也理容師

セパレート型理容室「理容フルサワ~a livingroom~ 」3代目室長。1973年生まれ、出身・在住ともに横浜市鶴見区。
全理連ヘアーカウンセラー。
2010年横浜市優秀技能者賞受賞。
ヘッドスパ、マッサージ、顔剃りエステなどのヒーリングメニューを重視する理容スタイルで、お客様を日々寝落ちに誘うことが仕事する上での喜びとなってます。
活動理念は「目の前の人を笑顔にする」。
友人申請、フォローはお気軽にどうぞ。

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

もし気に入りましたらシェアしていただけると明日への意欲に繋がります

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローしていただきますと更新を見逃しません

スポンサーリンク